とにかく森から抜け出してきた毛むくじゃらの毛深い熊さんが、ゲイ美少年に恋心を抱くところから物語が始まります。淡い想いを描いたメルヘンの感動巨編であり、ガチムチに鍛えた筋肉や、オリーブオイルを塗ってとてもテカテカにオイリーになったムキムキのボディビルのようなポーズがとてもドラマチックに表現されています。ノンケでもイケメンであれば見境なく鋭い爪で穴という穴を掘りまくってきた熊さんでしたが、人生の分岐点に立たされたときに今までの自分を振り返ってどうやったら自分は幸せな生き方が出来るんだろう?お小遣い稼ぎと割り切ったJPBOYS以外とも交流がもてるんだろうか?と思慮の世界に突入していく場面がクライマックスです。少しプチッと切れるとうなり声を上げて全ての着衣物をひん剥いてしまう描写は、経験者だけが知っている蜜の味なんでしょうね。



レッツ成宮!2丁目では今日もイケメンすぎる美少年がデビューを迎えている
やっぱり興味がなさそうな人間ほど興奮してしまうのは狩人としての宿命か
可愛い悲鳴をあげる男の子が現れると、立ち止まって思わず耳がピクピク動きます!

インデックスへ戻る